FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと悲しい。

今日は、ビル管理の試験がありまして、全く勉強してない為に手応えも全くなく。


そんなことはさて置き、昨夜とんでもない事実を知ることになりました。


cesarmillan.jpg


なんと、私が犬と共に暮らすきっかけとなった、シーザーミランさん。

この方の最愛の愛犬、 ダディが亡くなっているという事実を知りました。

というのも、たまたまyoutubeでシーザーミランさんの動画リンクを経て、見終わった後

ダディーメモリーという動画がありました。

見た感じ、すでにダディの追悼の意を込めて作られたことや、

その動画には、愛があふれんばかりというのはこういうことだという1カットの写真が次々とスライドされており、それをみて私は事実を調べるべく調べました。

私が犬を飼うきっかけ作ってくださったシーザーミランさん。

彼をはじめてみるテレビの映像は、なんと2007年。

「犬の気持ちわかります」というナショジオの番組なんですが、問題犬(そもそも問題は飼い主、すなわち人間に問題があることがとても多い)それがまたとても愉快で勉強になることばかり。

その際にいつもシーザーさんの右腕とされてきたのが、ピットブルテリアのダディなのです。

その時は、まだシーザ-と共に歩き、問題犬を克服するお手伝いをするなど大活躍。

ダディとの出会いは僕はよくわかりませんが、本当に従順な犬であることは映像を通して大変わかりやすいものでした。

そのダディが、実は結構おじいちゃんらしいのですが、それが判ったのが下記のブログより引用します。
あがさん失礼します。


SMILES@LA


----------------------------------------------------------------
カリフォルニアの金色の夏の朝、そろそろ犬達が動き始める。
庭では子供達の笑い声、キッチンの窓の外ではツバメ達の歌声が響く。
この15年間毎日そうして来たように、僕はダディの朝食を作る。
ぽってりとしたカタマリをこねる僕の手をダディは見つめている。
近所の農園から仕入れた牛肉を刻み、庭で採れたフレッシュハーブをひとつかみ、
茹でて3つに切ったサヤインゲンも加える。
少しばかり時間がかかるけれど、これは僕にとっての儀式なのだ。
決して急いだりしないように心を配る。
牛肉をこねて、サヤインゲンを加えて、ハーブをふりかけ、こねる、こねる、こねる。
柔らかくなるように、食べ易くなるように、ダディのために。

ダディは今やすっかりおじいちゃんだ。
もう階段を昇り降りすることはできない。
そして僕が準備したもの以外ほとんど口にしない。
食餌の準備ができると、床の上で僕を見つめているダディの所に持って行く。
そして僕は「おいでよ、お食べよ」のダンスを踊り
僕と彼しか知らない秘密の言葉をささやき、彼の前にボウルを置く。
ダディは少し頭を上げて、空中をクンクンと嗅ぎ、尻尾を2~3回パタパタと打ちつける。
しかしそれ以外はさっきからの姿勢のそのままだ。
明らかに彼は僕にもっと踊って欲しいと思っているのだが
彼が立ち上がり食べ始めるまで、2~3のステップを踏んでやるにとどめる。

僕はダディのような犬と暮らしたことがない。
この星の上で僕らが共に過ごした15年の間
僕はダディの洞察力に驚かされ続け、ダディの愛情に慰められ続け、
ダディの物静かな優しさに畏敬の気持ちを抱き続けている。
彼は僕の息子達が歩けるようになる手助けさえしてきたのだ。

僕は知っている。
そう遠くない未来、この毎日のルーティーンを彼抜きでこなして行く朝が来ることを。

だけどそれは今日ではない。
今この瞬間、太陽は輝き、子供達は笑い、ツバメ達は歌っている。
そしてダディは僕たちみんなを見守ってくれている

------------------------------------------------------------------
この時、アメリカで放送されている「犬の気持ちわかります」では、ダディは殆ど出演していない様子であることが判ります。さかのぼると2009年ぐらいでしょうか。


そして、2010年2月19日

ダディは16年という生涯を閉じたのでした。

上に書いてある、シーザーミランさんのエッセイの内容を書き上げたそのまもなく後の話のようです。


私は男ながらに悲しさに溢れ涙を流しました。

本当に悲しいことでした。

しかし、ダディが居なくなってから1年が経ち、今ではすでにジュニアという犬もいるようです。

ダディの息子でしょうか。もう少し調べてみますが、あまりにもダディの存在が大きすぎて思い出すだけでも涙がこみ上げてきます。こう、鼻の奥がすごく痛いというか。

でも、今後のジュニアの活動に期待大ですね。




我が家の愛犬は、台所に立つ家内の側でそっとまな板から落ちてくるものを待ち構えています。

そんな日常が今ここにあるって事がすばらしいと感じました。

今を生きるとは、まさにこのことなのかな。

下はシーザーさんと、ダディ。(もう、すごく勇ましくて従順でかわいいんです。)






それと、シーザーミランさんのHPにダディの追悼ページ。
Breakfast with Daddy

こういう時、少しでも英語が理解できたらいいのにと悔やみます。

まじめに英語が、読めたり聞けたり書けたりできるのは何時になるかな。

書斎の魚

愛犬ばかり気にしすぎて、書斎の熱帯魚はほったらかしにしてました。

エサやりと水替えぐらいのコンタクトぐらいでしたが、改めて見てみると、結構体もかなり仕上がってきたのではと。

DSC_0007.jpg


アゴに最近できものがあり、どうやら水槽が小さいせいで、アゴを擦っているような、少し窮屈そうにしているのはよく判りますが、もうしばらく辛抱してください。と言いたい所ですが。
全長約22㎝。 
DSC_0002.jpg



そりゃもう2年生きましたから体の厚みもなかなかの者に仕上がりました。
DSC_0007.jpg


が、水槽が90㎝必要であることから、木造2階建ての耐加重がやや心配ですので、水槽の設置は家内とよく相談することとします。

お菓子作り

今日は生まれて初めてクッキーを焼いてみました。

最近料理にはまっており、何故かやる気が沸いてきましたが結局は、家内の手元ということで
半分家政婦さんみたいな形になりそうです。

で、ホットケーキの粉に、卵、牛乳、無塩バターを入れると、
写真のような塊ができました。




あとは
DSC_0006_convert_20110926015917.jpg
平たくしてから型を抜いて更に盛って、オーブンで焼く。


なんとシンプル。

DSC_0054_convert_20110926015953.jpg
出来上がりもまぁまぁ、

味もおいしく普通に終りました。

ただ、うちの愛犬だけが大変つまらなそうにしておりました。

DSC_0040_convert_20110926020124.jpg

陽気な休日

最近大阪のほうも少し肌寒くなってきました。

うちの愛犬も服を着せて散歩に出向きました。

DSC_0012_convert_20110923223835.jpg

昨日少し夜更かししてしまったので、今日はお昼に起きて、夕方にお酒を買いに行くついでに散歩に出かけたのですが、近くの公園は、家族ずれや、犬の散歩でたくさん人が居て少しくたびれました。


DSC_0008_convert_20110923223345.jpg



空はまだまだ夏の雲が去ろうとしておりますが、

あたりの植物を見てみると、もう秋がやってくる気配が判ります。

DSC_0003_convert_20110923223748.jpg

最近料理します


昨日の夜に、さんまの炊き込みご飯を作りました。

私は、料理は全くしないのですが、まぁ料理ができれば損はないかなと思い始めました。


ブログには書いてませんが、トマトとしめじのペペロンチーノに続く第2作品目ということもあり、かなり気合いが入りました。


秋刀魚もうまく腸を取り除き、仕込みも問題なく、後は炊飯器に入れるだけと作り方は至ってシンプルです。


クックパッドさんのサイトよりさんまの炊き込みご飯ですぐに出てきます。


皆さんも今の時期にいかがでしょうか。

Appendix

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

noclist

Author:noclist
今年で31歳 草食系男子
私の愛犬、ミニチュアピンシャーの
エジルと一緒に住んでいます。
娘みたいな感じです。




カメラも少しやってます。
Body:Nikon D80
Lens:SIGMA 10-50mm EX DC macro

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。